磨き過ぎも歯を痛める?知覚過敏の症状や原因について考えよう

>

歯周病や老化により歯茎が下がってくるとどうなるか

くさび状欠損とは

知覚過敏と似たような症状を引き起こす、「くさび状欠損」という言葉はご存知でしょうか。
知覚過敏と違うところはその見た目で、本来歯茎に埋まっているはずの歯の部分が、歯周病や老化で歯茎が下がることにより、歯の根元部分が露出している状態になることを指します。
本来なら歯茎に埋まっているはずなので、その部分のエナメル質は薄く出来ています。
エナメル質の下には象牙質がありますが、象牙質はエナメル質に比べると柔らかいため、歯ブラシで削れやすいのです。
こうして露出してしまった歯が削れてしまうと、まるでえぐられているかのように見えてしまいます。えぐられている歯は、何の処置もされないとその部分は変色し、あまり人には見せたくないような状態になってしまいます。
この症状は、かみ合わせが悪くても歯の根に負担がかかり、象牙質まで痛みが響いてしまうので、歯周病にかかっていなくても注意する必要があると言えます。

くさび状欠損の治療法

この「くさび状欠損」は、まだ根元も変色していない初期の状態であれば、普通の知覚過敏の処置で十分対応可能です。
それが中期になると根元がえぐられてくるので、補強の意味もこめて、白い樹皮のような材質の詰め物をするようになります。
その際、すでに虫歯が出来てしまっている場合は、その虫歯を削ってからその処置を行います。
しかしこのような状態になっても放置していると、そのうち歯が折れそうになるくらい歯の根元が無くなっていくことになるので注意が必要です。
このくさび状欠損は、見た目にもあまり良いものではないので、痛みがなくても根元が変色し削れてきたら、処置を行うことをお勧めします。
老化により歯茎が下がってくるのは、ある程度仕方のないことだと言えます。しかし、なるべく自分の歯を残しておいたほうが良いので、歯ブラシを柔らかいものに変える、マウスピースを作るなど、できるだけの予防はしておいたほうが良いと思います。